ガイダンスページ大丈夫ですか? 今こそ見直しのススメ!

桜の季節がまたやってきました。

近年の京都ブームは収まる気配もなく、国内外から多くの観光客がやってきます。

今や通年を通して多くの観光客がやってくる街「京都」。
それに伴い、交通渋滞で予定通り回れない観光客や道に迷う観光客も増加しています。

bus

 

 

 

 



■京都東山エリアを走るループバスと知恩院三門

京都エリア全域で簡易宿泊所、民泊などの宿泊施設があちこちできています。。

後発の宿泊施設(特にゲストハウス、民泊など)は、市街地から離れていたり、交通手段が限られるわかりにくい場所にあるケースが多いです。

キャリーケースをゴロゴロ引きずり路地をさまよったり
迷ったりしている観光客をよくみかけます。

後発の宿泊施設などは、集客のために、
広告、宿泊予約サイトに予約への掲載に注力します。

それは当然なのですが、では実際成約後の
施設への誘導は、予約サイト、客まかせになってしまっているケースがほとんどです。

多くの旅行者の利用するGoogleMapなどのネットの地図はとても便利ですが、
現地では、より細やかな案内が必要なケースも多く、
オリジナルの誘導地図の作成依頼が私共にもあります。

場所への誘導は、ネットリテラシーは高いのに、
現地では有効に利用できないケースといえるでしょう。

subway












■福岡地下鉄福岡駅の乗車風景

ECサイト(ネットショップ)も来店されるお客様が
ヘビーユーザー、店のお得意様ばかりではありません。

「ネットは、よく利用しているけどその店は初めてだ。。。」
「ネット購入はほとんどしないので、店の信用性が不安。。。」
「購入までのプロセスがなんか面倒くさそう。。。」 など

ネットへの抵抗はないが、店への信用性、利用の仕方がわかりくいなどの理由で
取り込めていないお客さまがまだまだいるのではないでしょうか?

ソフトコムでは、ガイダンスページ(特にに初めての利用者向け)の制作、見直し、カート周り改修のご提案と制作、リニューアルによる、店(サイト)のユーザビリティの向上から売上増加に繋げる施策提案も行っております。

店の設立当初からそのままで放置しておられるお店様も多いことでしょう。
この10年で利用者のネットリテラシ―、デバイスは大きく変わっています。

気になっておられたお店様は「思い立ったが吉日」!
ぜひお気軽に、弊社までお問合せください。

以上、編集室の石田でした。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 9 = 十八

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

2018.3.20
カテゴリ:モール運用

top